【重い副作用】 偽アルドステロン症・・・だるい

防風通聖散の副作用や評判・口コミ

防風通聖散の副作用や評判・口コミ

HOME > 【重い副作用】 偽アルドステロン症・・・だるい

【重い副作用】 偽アルドステロン症・・・だるい

【重い副作用】 偽アルドステロン症・・・だるい感覚、血圧が上がる、体のむくみ、体重の増加、手足のしびれ、筋肉の緊張、低カリウム血症。間質性肺炎・・・咳がから咳に、息苦しさ、ちょっと動くと息切れ。

肝臓の重い症状・・・食欲不振、皮膚が黄色くなる。腸間膜静脈硬化症・・・下痢。防風通聖散の注意点としてテオフィリンとエフェドリンの交感神経に刺激があるものの併用は危ない。



芍薬甘草湯との併用も偽アルドステロン症の副作用を注意。防風通聖散とは肥満症に効く漢方薬。防風通聖散の働きは体の熱を冷まし、水分循環を改善し、便通をつける作用もある。



肥満症、のぼせ、腎臓病に効果あり。防風通聖散には以下の成分が入っています。

防風(ボウフウ)黄ごん(オウゴン)大黄(ダイオウ)芒硝(ボウショウ)麻黄(マオウ)石膏(セッコウ)白朮(ビャクジュツ)荊芥(ケイガイ)連翹(レンギョウ)桔梗(キキョウ)山梔子(サンシシ)芍薬(シャクヤク)当帰(トウキ)川きゅう(センキュウ)薄荷(ハッカ)滑石(カッセキ)生姜(ショウキョウ)甘草(カンゾウ)以下の人は医者や薬剤師に相談。
医師の治療を受けてる。
胃腸が弱く下痢をしやすい人。排尿困難。



生漢煎[防風痛聖散]は原生薬を最大量27.1g配合した「満量処方※」の漢方薬です。
脂肪を内側から分解・燃焼・排出促進により、肥満症や便秘を改善します。

防風通聖散の肥満症改善メカニズム@脂肪細胞を活性化し、脂肪を分解・燃焼。A食事で摂取した脂質の吸収を抑える。

B便通作用で脂質と便を出す。

関連記事など

クマ

Copyright (c) 2014 防風通聖散の副作用や評判・口コミ All rights reserved.